乳がんで切除した胸

乳房再建手術で美容も回復できる

今までは、乳がん治療でどちらかの、もしくは両方の乳房を切除した場合は、普通に縫い合わせてそのままでした。ですから、女性にとっては、乳房を摘出するということは、命に関わるとはいえ非常に精神的に辛いことでもありました。 しかし、最近は人工のパットやシリコンなどを入れたりして、乳房再建手術を行うことができるようになりました。この乳房再建手術を行うことによって、見た目には区別がつかないような乳房を新たにつくることができます。 また、これまで乳房再建手術は保険が使えなかったので、医療費が非常にたくさんかかりましたが、最近になって保険も適用になりましたので、3割の負担で乳房再建手術を行うことができるようになっています。

乳房再建の手術の需要

乳がんに罹患をし、温存をすることが出来ない場合であったり、温存をすることが再発に繋がるというリスクを考えた場合、全切除をしてしまうという選択があります。 しかしそうなると、胸をなくしてしまったという喪失感もあり、女性らしくなくなってしまうのではないか、とうつ状態に陥ってしまう人もいます。 今は美容整形外科でも乳房再建の手術を受けることが出来るようになっているのです。 乳房再建の手術を受けることによって、自信を取り戻すことも出来るようになるのです。 美容整形外科以外でも乳房再建手術を行っているので、乳腺外科などに相談をしてみると良いです。 乳房再建手術は美容に関することとは少し違うので保険が適用されることもあります。