シミの無い肌になる

クリニックのしみ治療のしかた

しみは長年溜まった紫外線の影響などで出来るもので、一度できてしまうと完全に無くすのは大変です。市販されているホワイトニングクリームや美白系の基礎化粧品などは、基本的にしみを「予防」するものです。出来てしまったしみにアプローチできる化粧品はとても限られています。 簡単に消したいなら、美容皮膚科クリニックで治療を受けることです。しみの種類を調べて、その種類に合ったかたちの治療をしてくれます。 治療法には光治療器やレーザー、内服薬や外用薬などの処方があります。レーザーはメラニン色素だけに作用するので、周辺の皮膚を傷つけることなく、しみだけを退治できます。治療後はかさぶた状態になり、かさぶたが剥がれると同時にしみもなくなります。

ハイドロキノンのクリーム

しみには「老人性色素斑」「肝斑」「そばかす」「老人性いぼ」など複数の種類があります。一番多いタイプが老人性色素斑です。これは、加齢や紫外線の影響でできる茶色いしみで、顔面、手の甲などにできやすいという特徴があります。放っておくとますます茶色くなって目立ってきます。 できてしまったしみは美容皮膚科クリニックで消すしかありませんが、それ以外の方法なら市販されているハイドロキノン配合の美白クリームが効果があります。ハイドロキノンはクリニックで処方される外用薬にも含まれている美白成分です。市販されているクリームには、クリニックの物ほど高濃度なハイドロキノンは配合されていませんが、手軽に買える点で便利です。